無添加住宅

無添加住宅について

体に良くないものは使わない。こんな当たり前のことに目をつぶってきたのが日本の住宅産業です。
コスト優先、均一な品質で大量生産するために、化学建材を多用した住宅づくりが「シックハウス」を生み出したと言えるでしょう。

 

シックハウス症候群の原因のほとんどが接着剤に含まれる化学ノリだとわかってきました。

そこで私たちは、化学ノリをいっさい使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。そして、ついに体に良い、無添加の家を完成させました。

さらに、建材などには天然素材を吟味して選び、究極の無添加を実現。

 

化学物質を使わずに、自然で健康な家づくりを進める「無添加住宅」が出来ました。


無添加住宅は自然の力を味方にする科学

無添加住宅の素材は、「木だから大丈夫」「自然の素材だから大丈夫」という単純な考えで終わることなく、化学式で説明可能な現象を家づくりに応用しています。

漆喰

代表的な素材である漆喰は、貝殻を焼いて粉にした消石灰です。

ただ、消石灰と聞いて「ああ、あれね」とピンと来る方は少ないかもしれません。

 

しっくい、消石灰と色々な名前で呼ばれるこの白い物質、実は“カルシウムそのもの”です。

現在までにカルシウムアレルギーの存在は報告されていません。

 

つまり、全く無害ですから、安心してその恩恵だけを楽しんでいただけます。 ただ、現在売り出されている「しっくい」の中には、強度を出すためなどの理由から、化学樹脂が混ぜてあるものもあります。混ぜ物がある場合は、その効果は期待出来ません。

 

当社モデルハウスではその見分け方を、実際にバーナーで壁を焼いて実演しています。

興味がおありの方は、お気軽にお申し込みください。

PAGE TOP